<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2016年 01月 17日
2016.1.13 わたし、出産しました☆

☆出産レポ☆

1/12 朝方トイレにて茶色い少しおしるし確認
日中はずっと重めの下腹部痛あり
これはそろそろか?と思い、陣痛に備えて飲み物を買いに行ったりオニギリを作ったり最終確認の入院準備をする。
夕方茶色いおしるしの量増える。

重めの生理痛に間隔が出てきたので18時半に旦那様に連絡し早めに帰ってきてもらう。

23時頃痛みの波が10分間隔くらいになるが
大して痛くも無く微妙な感じ
陣痛って、こんなもん?とまだ陣痛様をなめてた。

1/13 夜中眠ろうと思っても眠れないくらいのまあまあな痛みになり間隔は5分、3時病院へ。

子宮口は指一本
個室で子宮口開くのを待つ

おしるしが鮮血にならないとまだまだよーと言われてションボリ。

旦那様は横で仮眠を取ってもらい
陣痛と闘う。

トイレに行くたび、徐々におしるしが茶色から鮮血になっていく。

朝の8時には絶え間ない陣痛の嵐で息が出来ないくらい痛くて、腰を揉んでもらってた旦那様焦って朝食の配膳係の人に助けを求めるw

痛みのあまり過換気呼吸?になって震えてる私、歩けないほどの陣痛の痛みで車椅子で分娩室へ !

助産師さんがお尻を押しながら腰をさすってくれると陣痛の痛みが和らぎ、少し落ち着いて震えが止まる。

しかし陣痛の間隔が10秒くらいしか無くて
死にそうなのに子宮口まだ指一本

夕方か夜になるかなーと言われ絶望する

しかしもうこの辺りで口をきけない程の痛み
出産に実習生が入りますと説明されるが返事もできず、徐々にほんの少ししか陣痛の波が治まる時間がなくなる 

お腹の中でポンと音がし、暖かい大量の液体がドバーっと漏れだすのが分かる、破水

旦那様にここから永遠に右手で
お尻をテニスボールで強く押してもらいながら左手で腰を強くさすってもらう

多分実習生も交代でやってくれてたけど、もう客観視することができず目を開けてもいられなかった

b0123371_23435299.jpeg
陣痛が治まるほんの少しの間に、一瞬寝て、陣痛が来た瞬間「押して!(お尻)」「腰!」と叫ぶスパルタな人になる
だって文章で喋る時間も無いんだもん

陣痛が来るたびに
叫ぶ、叫ぶ、息を吐きながら声を抑えることができない、もはや悲鳴
身がすくむほどの痛み

でも、赤ちゃんも出てこようと必死に頑張ってる!私も頑張らなきゃ!と心の中で赤ちゃんにエールを送る。

いい陣痛のおかげで?11時半頃になんと子宮口全開になる!

陣痛の波がおさまってた間の記憶がない
おそらく落ちてた

陣痛が来たら叫ぶ、陣痛の波の最後に自然といきむようになる
いきむたびに羊水がいっぱい出て、こんなに羊水ってたくさんあるのかーと思ってた。

まわりが慌ただしく準備してるのが意識朦朧としながら分かる
喋れないしケモノのように唸ってるし吠えてるけど
話は耳に入ってくるのが不思議w

赤ちゃんの頭がもう見えてるよ!って言われる。
お尻を押してる旦那様、陣痛のたびに何かものすごい反発されますね〜〜来てますね〜〜と実習生と話してるのが聞こえる。

ようやく上を向いていきむ態勢になる
絶叫しながら3回ほどいきみ

次のいきみで切開しますよ!
と言われる

コウノドリじゃん、って思いながら

本能にしたがっていきむ、いきむ、ニュルンと暖かいのが回転しながら出てきた

全部で5回くらいしかいきんでない

12:24出産

胸の上に赤ちゃん乗せられ、愛しさで号泣
b0123371_23442491.jpeg
産声をあげて泣いてた赤ちゃん、私の声を聞き目をあけてキョロキョロする。
可愛すぎる
b0123371_23445334.jpeg
3440グラムの元気な男の子を出産。。
初産なのに超スピード出産&安産だったらしいが

陣痛が進むのが早すぎてマジで死ぬかと思った

もう少し間隔あけて来てほしかったw

しかし、旦那様の休みに合わせて
12日に陣痛きて13日に出てくるんだよ〜〜と言い聞かせてたらホンマにその通りに出てくるなんて、なんて素直ないい子なんでしょう。

産んだ直後はこんなにしんどいなんて想像もしてなかったくらい、フラフラで歩けない!
支えられて歩く。


長い間叫びすぎて、息をし過ぎて
呼吸器がおかしくなってて、2日目までは息がしにくく、肋骨全部が筋肉痛…
もちろん身体中筋肉痛…

そして6時間、全力でお尻を押し腰をさすり続けた旦那様、全身筋肉痛www
ホンマにありがとう。。 

産んだら終わりと思っていたつらさ、産んだ後も母乳を出すための体の変化や腰グラグラ、後陣痛などの壮絶な痛みと戦いつつ…

我が子と共に過ごす幸せを噛み締めております。。

これからが、大変だけど、生まれ変わったような気持ちです。
産む時は、絶対、痛いとかもう嫌だとかのネガティヴワードを発しないようにしようと心に決めていました。
暴れたり、理性を失ったり、したくないと決めていました。
赤ちゃんが一番、命をかけて出てくるんだから、上手にナビゲートしてあげなきゃ!って。
なんとか、その通りにできたと思っています(*^_^*)

これからの子育て、楽しみながら、この産みの苦しみ、そして我が子と出会えた瞬間の奇跡を忘れないようここに記録。。

2016.1.17 

b0123371_23454023.jpeg

[PR]

by mrmh-ysm | 2016-01-17 23:42 | Comments(0)